未分類

株初心者は株主優待がオススメ!

投稿日:

時代が令和に変わっても、国内では20年以上に
も渡って低金利が続いていますね。
これだけ長く続けば、低金利が当たり前だと感じてしまうのも無理はないでしょう。
昭和時代後期は銀行に預金しておけば勝手にお金が増えてくれる良い時代もありました。
今だと、銀行にお金を預けていても逆に手数料が高くついてしまうことも。
預金には殖やす機能は完全に失われています。
そこで、最近増えているのがNISAを利用した株などの運用ですね。
ところが、預金しか経験がないので株は怖いイメージを抱いている人も多いはず。
株は預金と違い、倒産リスクや株価の下落リスクがあります。
企業が倒産してしまえば、株券はただの紙くずになってしまいますね。
歴史が長くて業績の良い会社は潰れないとは言われていますが、2008年にアメリカでは投資銀行リーマン・ブラザーズが破綻したことが有名ですね。
景気以外の要因でも、国内大手の自動車部品メーカーがリコールをきっかけに企業の信頼度が著しく低下し破綻しました。
時によってはリスクもある株式投資ですが、初心者にオススメなのは株主優待です。
株主優待とは、簡単に言えば企業からのご褒美ですね。
優待の内容は、食事券からお米や牛肉まで十人十色です。
その会社の株を持っていれば、進呈されるので楽しみながら投資できるのもメリットです。
株主優待を受けたい時は、その企業の株を買えば良いので単純明快ですね。
株を買う時はできるだけ安く買って、高くなってから売るのがコツです。
また、株を購入する時は事前の下調べと買うタイミングが重要ですね。
株を購入する時に欠かせない情報は、その企業の業績と今後の見通しです。
企業のHPに決算短信や有価証券報告書が掲げられているので、業績や財務状態をチェックしておきましょう。
これを見るだけでも、銘柄の目利き力が身についてきますよ。
ちなみに、近年の業績が芳しくない場合は投資対象から外しておいた方が無難かもしれません。
将来的に優待自体が廃止される可能性もあるからです。
そして優待銘柄は権利発生日以降に下落することが多いので買うタイミングとしては狙い目ですよ。
もう一つチェックしておきたいポイントは、国内だけでなく世界情勢の把握ですね。
現在、中国で新型肺炎が発生し世界中に蔓延しています。
すると、人びとが行き来しなくなるので観光産業を初め経済的にも大きな打撃を受けてしまいます。
世界的に大きな出来事が発生すると、リスクを避けるために株価が下落してしまいます。
また、1年のうち7~8月にかけては株価が最も下落しやすいと言われていて、このタイミングで経済に影響を及ぼすような事が発生すると、想定以上に株価が下落することがありますね。
ですので、株を購入する時は新聞などで情報を把握することはとても重要です。
銘柄を検討する時に参考になるのは、マネー雑誌です。
業績はもちろん、優待の内容まで情報が載せられているので銘柄を選ぶ時の判断材料にも。
また、銘柄によっては10万円以下でも購入できるものもあるので、初心者にはピッタリですよ。

-未分類

Copyright© シングル女性のための副業アンテナ|エクシード株式会社のゲインチェック(Gaincheck) , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.